不動産業 | 【札幌中心に6拠点】あすか税理士法人|専門家連携の総合力に強い

MENU

HOME  / 不動産業

By Industry

Real Estate
Business
不動産業

生活三大要素といわれる
「衣・食・住」。
あすか税理士法人では、
現代において生活基盤として
最重要な「住」(資産形成)
事業のご支援に
最も注力しております。

あすか税理士法人では、不動産オーナーの方々、また関連業種の事業の顧問比率が高く、事例・経験が豊富です。
不動産はとかく長期的な視点での経営(事業計画)、節税対策、贈与や譲渡などの高度税務が生ずるケースが多く、そのため道内では希少な「資産税部門」も配置しています。

一般の会計事務所では取扱いの難しい「民事信託」などの高度なスキーム提案も法学部出身者の多いあすか税理士法人では可能です。

この様なお悩みや
疑問はありませんか?

  • 所得税が高く「法人なり」を検討したいのだが、
    今の税理士には相談できてない

    とてもご相談の多い事例です。お話を伺うと「年に1度だけしか会わないから、相談しにくい」や、検討した資料や根拠もなく「法人なりなんてダメですよ。」と言われることが多いようです。

    まず、あすか税理士法人では「資産税専門部署」があるため確定申告書等の資料を拝借できれば、法人なりが有効かどうか、すぐシミュレーション対応することが可能です。
    法人なりの失敗例としては本来「相続税」対策の視野も必要なため、所得税・法人税・相続税の最低3税目の税負担がどうなるかを検討できる資産税に詳しい税理士に相談すべきです。
    ご相談者の方々では、節税に失敗していた事例も多く見かけられます。

    また、法人なりも資産状況の変化によっては「個人」事業に戻すということて節税がかなうケースもあります。

  • 経営者様も高額所得者であり、
    節税も視野に入れて不動産投資をすべきかどうか迷っている

    全国的に見ても北海道、特に札幌はここ数年不動産投資に適した市場です。
    コロナウイルス等の外的要因リスクを緩和するために既存事業だけでなく不動産事業を立ち上げて投資する方々が増えています。
    既存事業に季節変動や波がある方にとても喜ばれています。
    高額所得者の場合は、個人の税率が高い事から一棟目から不動産投資用の資産管理会社を設立し運用する事をお勧めしています。

    また、資産の承継においても会社を活用した方が提案の選択肢も広がります。
    以上から一定以上の規模を目指すのであれば会社を作って不動産投資を始める事をお勧めしています。

  • 不動産投資をしたいが、
    融資を受ける銀行は業者が進めた金融機関でいいのかどうか・・・

    前提として、金融機関からの融資は「紹介者」がとても重要です。
    融資の可否だけでなく融資条件も大きく変わってくるからです。

    ご質問の業者さんが、金融機関からの信頼と実績がある方であれば、投資計画全体を把握している業者さんとの連携もスムーズである事からこの業者さんから紹介を受けるべきです。

    一方で条件面に不安がある場合はご相談ください。
    あすか税理士法人には道内金融機関からの不動産投資に関するデータがございますので、それと照らし合わせてあまりにも不利な条件であればアドバイスや場合によっては金融機関をご紹介させて頂きます。

  • 既に不動産を持っているが、相続だけではなく、
    生前の贈与等も検討しておきたい

    不動産オーナーの方にとってその引継ぎ方もいろいろご検討されていることと思います。
    贈与と聞くと贈与税や登記関係の費用となり大変だというイメージをお持ちかもしれません。しかし生前贈与には確実に財産を引き継げること、贈与後の収入を受贈者の収入とできるので所得分散ができることなどメリットもございます。

    「資産税部門」のあるあすか税理士法人では贈与者、受贈者の所得税、贈与税、相続税をトータルで試算し、それぞれの方に最適の承継方法をご提案できますのでお気軽にご相談ください。

  • 複数の不動産を持っているが、
    物件ごとの収支がわからず、
    このまま持っていていいものかどうか・・・

    複数不動産をお持ちのオーナー様にとって、建設時の事業収支計画では利回りが確保されていたはずなのに資金繰りが苦しくなってきている・・・。という感触を持たれている方も少なくありません。
    建設時の計画どおりに収支が出せていないケースもあるかと思います。

    あすか税理士法人ではオプション契約とはなりますが、収支確認のための物件別損益の確認をすることも可能です。(毎年がベストでしょうが確認のため単年度でも良いと思います。)
    それによっては、物件を譲渡したり、節税になっていなければ親族贈与を検討したりと「資産税専門部署」のあるあすか税理士法人ならではのサービスがございます。
    ご自身の不動産経営に疑問を感じたらお気軽にご相談ください。

  • 高齢になってきたため、不動産の記帳は任せたいのだが・・・

    不動産の記帳代行は承っております。
    また、不動産業は基本的には銀行取引でほぼ会計取引が行われているため、昨今では記帳報酬をお安くできるように、銀行連携の会計サービスをお勧めしています。
    これによって早く損益計算が把握できることもメリットだと思います。

    ご高齢・お忙しい不動産オーナー様に関しては、なかなかお会いできないケースもございますので、お気軽に試せる「オンライン面談」「携帯でのチャット相談や報告」などもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

あすか税理士法人の最大の特徴は道内トップクラスの「税理士在籍数」「国税OBによる審理室」を生かして、特に不動産業に多い、高額な取引・難解な税務・各種の法律問題に対応できることです。

会計事務所としては珍しく「デジタル化」も最先端の取組みを行っているため、みなさまに情報のすばやいご提供ができる体制を整えております。

上記お悩みの項目に該当される方は、
お気軽にご相談ください

  • 個別相談室完備
  • 秘密厳守
  • 6支店展開
  • オンライン対応可能

実績

  1. 100社以上の不動産管理法人設立を支援
  2. サラリーマン大家さんから
    FIREを実現した方多数
  3. 業歴30年~今年一棟目を
    取得した方々まで、
    幅広いノウハウが蓄積
  4. 法人成りに際し家族信託を用いることで不動産そのものの譲渡ではなく、信託受益権の譲渡とすることで、登録免許税、不動産取得税の700万円以上の節税となった。

セカンドオピニオン/
不動産投資をお考えの方

セカンドオピニオン

今の税理士は長い付き合いなので・・・ということで、なかなか相談しにくいというお話もよく聞きます。
あすか税理士法人では現行の税理士さんを否定するわけではなく具体的シュミレーション値をご提示することにより課題解決が進むことを願っております。当然ながら、税理士法にて守秘義務も課せられておりますので、ご心配なくご相談ください。

提携のご案内

POINT 01

経営者さま/不動産経営には多数の関連業種があり今の提携先でいいのだろうか・・というお悩みもお聞きします。
あすか税理士法人では「金融機関」「仲介企業」「保険会社」など多数の提携先がございますので、現状の経営(コスト)にお悩みの方も、お気軽にご相談いただければご案内が可能です。

POINT 02

各種関連企業様/あすか税理士法人では不動産オーナー様のお悩みにお応えすべく、課題解決に自信があるという企業様からの提携案内をいただくことも可能です。
どのような課題解決ができるのかお知らせいただきまして、共に不動産オーナー様の長期的な経営安定・発展をサポートいたしましょう。

あすか税理士法人へのご依頼・ご相談はこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

0120-166-690

pageTopへ