札幌の税理士|会計事務所|会計・税務・節税・会社設立・相続のことならあすか税理士法人

あすか税理士法人 / ASUKA Tax accountants'Co.
TEL:0120-116-690

業務案内 / Service


家族信託

家族へ資産の円滑な承継を行うための手段としての財産管理方法。

セミナー動画

家族信託とは、資産を持つ人(委託者)が信頼のできる家族(受託者)に、資産を預け、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする財産管理の方法です。
信頼できる家族・親族に財産を託し、なるべく費用を抑えた形での柔軟な財産管理と資産承継を目指す家族信託は、ここ近年、各方面から大きな関心を集めています。

家族信託の仕組み

家族信託の仕組み


  1. 遺言では対応できない要望にも応えられます

    遺言と信託の違い
    • 遺言
      効果が生じるのは本人が死亡した時、財産は死亡時に一括して相続人に渡されます。
    • 信託
      効果が生じるのは信託契約を結んだ時、財産は、「いつ、誰に、何の目的のために、どのような形で財産をあげるのか」を指定することが可能です。
    つまり、信託を活用することでこれまで遺言では対応
    できなかった次のような要望も実現することが可能となります。
    • 年金のように妻に毎月定額を渡してほしい。
    • 相続人が成人したら遺産を渡してほしい。
    • 相続人が将来死亡した場合の、その次の財産の貰い手まで指定したい。
    • ご自身が亡くなったときの相続税の負担がどの程度なのか知りたい。
    • 特定の目的(家の増改築や施設入所等)のために遺産を活用してほしい。

    また、信託の効力が生じるのは信託契約を結んだ時なので、
    遺言でみられるような、書き換えや偽装といったトラブルも
    回避することができます。

  2. 成年後見では対応できない財産管理の要望にも応えられます

    高齢者になり、認知症を発症して判断能力がなくなってしまうと一切の法律行為ができなくなってしまいます。このような状況を補うために、成年後見制度がありますが、この制度は本人の財産を少しでも減らさないよう、ガチガチに管理することが目的であるため、次のような要望には対応することができません。

    • 判断能力がなくなった後でも、積極的な資産運用(株式投資や賃貸不動産の取得等)をしたい。
    • 判断能力がなくなった後でも、相続税対策として生前贈与を継続していきたい。

    しかし、家族信託では、信頼できる家族にあらかじめ財産を託し、本人の目的に沿った管理をお願いすることで、上記のような要望にも対応できる、財産管理を行うことが可能となります。

    成年後見制度の代用として信託を活用する場合の例
    賃貸マンションの管理・処分を息子に託して、本人は賃貸料収入を受け取る。
    本人が認知症を発症しても、委託者は事前に設定した本人の要望に沿って管理・処分を行うことが可能。

家族信託に関する、お問い合わせ・ご相談

ご紹介した活用方法はほんの一例です。あなたも家族信託を利用してご自身の要望に合ったより良い財産管理の方法を見つけてみませんか?

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    TEL:0120-166-690
  • フォームでのお問い合わせはこちら
    お問い合わせフォームへ
  1. 料金のご案内
  2. 税理士のご紹介
  3. あすか税理士法人について

サービス案内


PageTop